看護師が転職するとき、誰もが悩みむ。ただ、心配は必要いらない。きちんと情報を集め、求人を吟味すれば誰でも良い転職を実現できる。

 

このサイトでは、どのように転職すればいいのかについて確認する。

 

ただ、看護師の転職では専門の転職エージェントを活用すると非常に効果的。求人情報を含め、以下のサイトに登録すればよい求人を提供してくれる。

 

看護師の転職求人

看護のお仕事


 

中途で転職するなら知っておきたい履歴書の書き方

 

「看護師ってまだまだ人手不足。私のいままでの経歴からいえば、転職するのは簡単。すぐに採用されるでしょ」などと安易に考えて、履歴書を新卒のときと同じような書き方をしている人がいる。もしあなたがそのようであれば、それは採用からは程遠くなってしまうのである。

 

「どこの病院やクリニックでも転職できればいい」と思えるのであれば、その履歴書の書き方で構わない。しかし、あなたが「希望する病院に転職したい」となると話は変わってくる。あなたが「この病院が良い」と思うには、それなりの理由がある。きっと、転職を考えている他の看護師もその病院を良いと考え、応募している可能性が高い。そうなれば、他の応募者よりも優れた履歴書を書く必要がでてくる。

 

「中途で、他の応募者でなく、この人を是非雇いたい」と採用側に思ってもらうためには、それなりの履歴書を書くことが大切である。今回はその方法についてお話していきたい。

 

中途採用の考え方

 

まず、この質問について考えてもらいたい。なぜ病院側は中途の看護師を採用する必要があるのだろうか。新卒なら、年齢も若く、素直で、動きも活発で、まさに自分の病院カラーに染めてしまうことができる。

 

しかし、中途採用という限りは、年齢はある程度いっていて、自分のやり方を通したがる人が多い。中途採用の良い点は、即戦力という点だということである。確かに中途採用の即戦力とは、新人看護師にはない力である。「明日からでも働ける」「指導の必要がない」のが中途を採用する利点といえよう。

 

しかし、それだけを強調して履歴書を書いても、「新卒よりは中途のほうが、すぐに仕事が行える」というだけであって、他の中途の応募者よりも輝いている一味違った履歴書とはいえない。さらに、中途といっても、あまり経験年数がないままに前職を辞めてしまったり、まったく違った分野で働きたいと思ったりした場合は、あまり即戦力にならない場合もあるかもしれない。

 

では中途採用の履歴書を書く場合、即戦力のほかに何をプラスすればよいのだろうか。先に答えをいってしまおう。それは、「自分は職場に新しい風を吹かせる存在になりえる」ということを採用側に伝えることである。

 

いままで病院が当たり前のようにやってきたことや患者への対応で「これが正解」といわれて受け継がれてきたものには、どこか不自然な点があることがある。それに真っ先に気づけるのが中途採用の看護師なのである。中途の看護師は「前の病院ではこういった良いところがあったのだが、今の病院ではこの点を直したほうが良いのではないか」ということを、いままでの経験を通して知っている。

 

新卒で入職した新人では、「これは違うのではないか」ということも言いづらく、「この病院ではこのようにやっているのか」と間違っていても、そのやり方を受け入れないといけないことが多々ある。しかし、中途看護師の場合、経験があるため「このような方法でやってみてはどうですか。そうすれば仕事はもっとスムーズに運ぶのではないでしょうか」と提案することができる。

 

優秀な病院で改革を進めて、よりよい職場を作ろうとしている病院やクリニックであれば、昔から勤めている看護師が行ってきた間違った方法やより効率の良い方法について、どんどん指摘してほしいと思うはずである。ただ、中途のあなたを即戦力とだけ見ている職場では、仕事のやりがいを感じることは少ないだろう。

 

中途採用での履歴書

 

そこで中途採用の履歴書の書き方であるが、ハウツー本に頼らない、独自の方法について述べていきたい。看護師の転職に関するサイトやハウツー本では、優秀な誰にでも好感をもってもらえるような履歴書が掲載されている。これらの履歴書は万人受けするものである。

 

しかし、中途採用の履歴書は万人受けする必要はない。もし、ここで紹介する履歴書の書き方を試してみて、応募した病院に落とされたとしても、残念がる必要はない。そのような病院は、中途を即戦力としか見ていないため、もし採用されたとしても、あなたの中途としての能力を発揮できないからである。

 

あなたに最適な病院を見つける履歴書の書き方は、シンプルに言えば、「自分がどれだけの経験を培ってきたか」ということと、「自分を採用することでその病院にもたらされる利点」について述べることが大切なのである。ここで例を示してみたい。

 

良くない例 : 貴院は、最新医療に携わることができるので、いままでの経験を活かしつつ、新しい技術について学びたいと思ったからです。

 

良い例 : 貴院は、常に最新医療を取り入れ、患者様に最善の力を出して望んでいる姿に感銘を受け、このような職場で働いてみたいと切に思うようになりました。私は今までの科で経験したことを活かし、省いてはいけない看護は省かず、丁寧に的確に行っていきたいと考えています。

 

このように、いままでの経験を活かして、今後どのように看護を行っていきたいのかについてまで書くことで、相手にどのような看護観をもって今後も仕事をしていくのか知ることができる。そうすれば、この病院の中途採用のあなたは「新しい風」となって、現場に新しい風を吹かせ、より良い看護の向上につながっていくのである。

 

もしあなたに看護師としての経験が少ない場合でも、中途採用の場合は、なんらかの売りを書いておくとよい。子育てでブランクがある場合は、「子育てを通して、親の気持ちを理解できるようになった。病気の子どもを心配する親にかける言葉一つ一つを大事にしたい」といった、どのようなことでもいいので経験をプラスにして伝えることが肝心だ。

 

看護師経験が少ないから、ブランクが長いから、といった自分の選択してきた道に言い訳を書き連ねる必要ない。しかし、その経験を通して自分は何を学び、次の職場でどのように活かしていきたいかを書くことは大切なのである。

 

中途採用の履歴書は、いままでの経験と自分を採用することでの利点、この二つをしっかりアピールし、他の応募者と差をつけることが重要である。

 

看護師の転職求人

看護のお仕事