30代・40代で美容クリニックに転職する秘訣

30代でも40代でも美容クリニックに転職したいと考える人は多くいる。このような場合、どうすれば転職しやすくなるのかについてお話していきたい。

 

まずは、ひと言に美容クリニックといっても、自由診療のみのクリニックと、保険診療も同時に扱っているクリニックがある。

 

保険診療も扱っている美容クリニックを探して、そちらの求人に応募してみると良い。

 

美容クリニックの求人

 

自由診療のみのクリニックは20代や30代前半までしか募集していないところが多いが、美容皮膚科と一般皮膚科、形成外科を併設しているような場合だと、年齢不問とすることが多い。

 

後者のようなクリニックの場合、年齢不問に加えて、万が一「将来一般病院への転職をしたい」と思っても、美容医療だけではなく、一般医療にも関わっているため、転職に有利である。美容医療だけだと「看護師のスキルが身に付いていない」と思われることが多く、一般病院への転職が不利になることがあるからだ。

 

その点、一般皮膚科や形成外科にも従事しているとなると、世間の目は異なってくる。30代後半からの転職はじっくり考えて、転職を繰り返さないで済むよう、石橋をたたいて渡るくらい慎重になることが大切だ。万が一のことまで考えて、転職しておいて損はない。

 

また、美容クリニックなどに本気で勤めたいのであれば、20代・30代のうちに「オペ室」や「外科」での勤務経験を作っておくと40代になっても採用される可能性が高まる。

 

オペ室や外科での経験があると、美容外科での仕事を有利に展開することができるため、非常に重宝される。

 

「私には外科での経験も、オペ室の経験もないけれど、すぐにでも美容クリニックに勤めたい」とする場合は、美容クリニックに限定した看護師転職サイトを利用する方法がおススメだ。

 

美容クリニックに限定した看護師転職サイトであると、その業界での転職ノウハウを存分にもっているため、「あなたが具体的にどう動けば転職に有利に働くか」ということに熟知しているからだ。

 

転職サイトの利用が重要

 

美容クリニックによっては、化粧の仕方一つでも好みがある。その化粧の仕方やこまかい礼儀などを詳細に教えてくれるのが、この転職サイトなのである。

 

「転職サイトを利用すると電話が頻繁にあって困る」といった先入観をもっている人も多いだろう。しかし、私に言わせれば「転職サイトを利用しないで、どうやって自分の力だけで美容クリニックに転職しようとしているのか」ということだ。

 

大病院などであれば、看護師同士の情報も豊富に入ってくるだろう。しかし、美容クリニックといった小さな職場の情報はなかなか入手しづらい。入職できたけれど、思い描いていた職場とは異なっていたら、また転職するのか。

 

ただ単にあこがれだけで、入職してしまっては、「こんなはずではなかった」と思うことが多々でてくる。できるだけ入職する前に、詳細な情報を手に入れておくことが、成功する転職として重要なのである。人間関係、待遇、残業時間、獲得できるスキル、離職率、院長の人柄、それを知らずして、入職してしまうととんでもない目にあうのはあなた自身なのだ。

 

転職サイトのコンサルタントから頻繁にかかってくる電話が嫌だと思うなら、「ほかに決まりました。ありがとうございます」「今は仕事が忙しいので、あまり電話に出られません」と伝えれば良いのである。

 

大体、電話がかかってくるということは、それだけ転職サイト側からすれば、「美容クリニックに転職できる可能性がある人だ」と認められていることになる。そもそも、このように思ってくれる人があなたの周りにいるだろうか。あなたが人間関係までの情報を一人で事細かに入手しようとすると、どれだけの労力や時間を使うことになるだろうか。

 

履歴書の書き方を熟知する

 

さらに、美容クリニックには、美容クリニックの院長が喜びそうな履歴書の書き方や面接での受け答え方がある。美容外科専門の転職サイトは、このことを分かったうえで、あなたにこのノウハウを授け、転職を成功させようとしているのだ。それを利用しない手はないだろう。

 

中には、はやく転職させて報酬を得たいために、ブラッククリニックを強引に進めてくる転職サイトのコンサルタントもいる。そのような転職サイトの対処方法としては、美容クリニックを扱っている転職サイトを2〜3社登録しておくとよい。

 

そうすれば、「別の転職サイトで勧められたA美容クリニックを受けようと思っている」と伝えると、ほかの転職サイトから「A美容クリニックはこういったところがある」といった情報を得ることができる。

 

ほかの転職サイトのコンサルタントが「A美容クリニックですか。人気があって、なかなか求人が出ないのに、その転職サイトはすごいですね」といわれれば、希少求人であると分かるので、自信をもって転職することができる。

 

反対に「A美容外科クリニックですか。あそこは〜という面が良くないと聞きますが、大丈夫でしょうか」といわれると、転職サイトのコンサルタントに確認することが可能となる。

 

多くの情報を入手することがキモになる

 

転職に関しては、少しでも多角的な視野から、多くのクリニック情報を得ることで、その転職が成功だったか、失敗だったかが決まる。できるだけ複数の転職サイトに登録しておいて間違いは無い。

 

「入職=転職に成功した」わけではなく、「満足いく働き方ができる=転職に成功した」といえるのである。入職した後になって、「このようなことは聞いていなかった」ということが無いように、多くの情報をいろいろなサイトから得ておくことは大変重要なことなのである。

 

美容クリニックはもともと高給与で好待遇であることから、人気求人で倍率も非常に高い。多くの看護師が殺到することから、非公開求人となっていることがほとんどだ。非公開求人を抱えているのも転職サイトといえる。

 

美容クリニックへの転職を本気で考えているのであれば、転職サイトを利用しない手はない。そして、あなたが「転職サイトに登録しようかどうしようか」と悩んでいる間にも、優良な求人は決まっていっている可能性が高いのである。一番若い今に、迷っている時間はない。一歩でも進んでいくことをおススメする。