面接時、退職理由はどのように答えればいいのか?

面接時に必ずといっていいほど聞かれるのが、「退職理由」である。「どうして前の病院(クリニック)を辞めたのか」という質問は、採用側にとってはどうしても聞いておきたいことである。

 

看護師の退職理由で上位を占める本音は「人間関係が悪い」「将来性を感じない」「労働に見合う対価が支払われていない」といったものが多い。

 

しかし、実際に面接で「前の職場は人間関係が悪かったんで…」とか「前の職場では、将来性を感じなかったから…」などと口にしては絶対にいけない。採用側は「この人は仮にうちで採用したとしても辞めるときには、他の所で、うちの悪口をいうかもしれない」と思われ、あなたの印象だけが悪くなってしまうからだ。

 

ネガティブな理由はダメ

 

たとえ、いま勤めている病院がどんなにブラックで、しかもそのブラックであることが他の病院にも知られている事実だとわかっていても、悪口や不平不満、愚痴に聞こえるような内容は決して口にしてはならないのである。

 

確かに、ブラックな職場で勤めていた苦労や辛さ、しんどさなどは誰かに分かってもらいたい。しかし、面接時に採用側に愚痴や不平不満を訴えても、あなたの印象が悪くなるだけなのである。ブラックなのは、病院同士、ある程度のつながりがあるから周知のことだといえる。

 

しかし、採用側が知りたいのは、「前の職場を辞めるきっかけで、うちにも同じような辞めるきっかけがないだろうか」ということである。

 

そこで「人間関係が悪かった」と答えてしまえば、「どこでも人間関係の衝突はあるから、うちで勤めてもらっても、この人はまた人間関係が嫌で辞めてしまうかもしれないな」と思われてしまう。その時点でどのようなキャリアや経歴があったとしても、採用候補からは外されてしまう。

 

そのため退職理由はよく考えて、採用側に伝えることが大切なのである。

 

ポジティブな退職理由を考える

 

ここで覚えておいてもらいたいのが、「積極的・前向きな退職理由」を考えておくことが大切である。なぜ、あなたが転職したいのかというと、現状を打破して何らかの目的を達成するためだといえる。

 

もちろん病院の倒産や、業績悪化が懸念の理由であれば、事実を簡潔に述べても支障はない。しかし、ここにも前向きな姿勢が感じられるものにしておかなければ、採用側に好印象を与えることはできない。

 

そして退職理由がどのようなものであれ、不平不満は口にせず、前向きに退職する理由をアピールすることが大切である。ここでNGな退職理由の一つとして、「他責思考」は不採用になる可能性が高いということだ。誰かの責任にして、「自分は悪くなかった」というアピールをするようでは、採用側は納得しないのである。

 

もし前向きな退職理由が浮かばないのであれば、おススメの退職理由として「家庭の事情」などはどうだろうか。前の職場の悪口や不平不満でもなく、他責思考でもない。

 

例えば「母が病気で倒れてしまい、介護が必要となってしまいました。前職の病院での仕事はやりがいがあり、チームリーダーとしてまとめていました。しかし、他に頼れる親族がおらず、夜勤業務などに入ることができなくなったため、やむを得ず退職し介護に専念する運びとなりました」

 

「夫が札幌に転勤となり、子どもも離れたくないということで付いていくこととなり、退職を余儀なくされました」

 

「父親が腰を悪くして、働けなくなってしまいました。父は小さいながらも会社を構えており、従業員を抱えているため家業を継がなくてならなくなりました」

 

といった理由である。

 

さらにこの退職理由に関して、「現在はその問題は解決されているので、今後転職する可能性は無い」「現在は、その問題を解決できる目安がついている」という点もつけ加えておくことが重要である。

 

例えば「母が倒れた」を理由にした場合は、「母の容態ですがケアマネージャーと相談して、昼間はデイサービスを利用し、ある程度自立した生活が送れるようになりました。今後もし容態が悪化したとしても、施設のほうにも連絡をしており、万全の態勢を取っています。なにより母が私に看護師を続けてほしいと切に望んでくれています」

 

「夫の転勤についていくことになった」は「夫が転勤となったのでついていったのですが、子どもが札幌の友人関係に馴染めませんでした。どうしても、もとの学校に戻りたいというので、私たちだけで戻ってきました。向こうで子どもが元気なく、やせていく姿を母親としてみるに忍びなかったからです。夫も3年の単身赴任となりますので納得してもらい、いまは別々に暮らしております」

 

「父が腰を悪くした」は、「父はその後、大学病院で手術を受け、いまは完全復活しました。私に天職である看護師を辞めさせてはならないと、母も大学生の弟も引き継ぐために今は父に教えを乞うています。私が家業を引き継がなくてよくなったとのことで、やはり看護師に戻りたいという気持ちが強くなり、御院への入職を希望している次第です」

 

このような回答であれば、採用側も納得し、次の職場に向けて心機一転で頑張ろうとしている気概が伝わってくるのである。採用側は、とくにあなたが短期間で辞めている場合には、「前の職場でなんらかのトラブルを起こしたことが原因で退職したのではないか」といった不安を抱きやすいのである。

 

採用側の不安を取り去る

 

あなたは決して「前職でトラブルを抱えてしまったために退職を余技なくされたのではない」ということを採用側に納得させ、安心させなければならない。面接時に退職理由を聞かれると、どうしてもその場の雰囲気が暗くなってしまいがちになる。

 

しかし、「さまざまな障害があって苦境に立たされることがあった。しかし、その苦難を乗り越え、次の職場で心機一転、がんばっていきたい!」という気持ちを前向きにアピールすれば、それは逆境を生き抜いてきた、あなたの「強み」ともいえるのである。

 

「私には「弱み」を「強み」に変えられる強さがある」ということを採用側にアピールすることができれば、採用に近づくことが可能なのである。重要なのは過去ではない。社会人として未来について話すことが大切なのである。