看護師が妊娠しても、夜勤って続けられる?

「看護師の仕事はハードだから、妊娠したら続けられるか心配。まして夜勤なんて、いつまでしないといけないんだろう」と悩む看護師が多い。今回は、看護師が妊娠中に不安に思う「夜勤の免除の仕方」について言及していきたい。

 

そもそも、「夜勤をしていいのは妊娠何ケ月まで」という規定があるのか、という疑問が起こるであろう。結論から言うと、「妊娠を理由とした夜勤免除の規定はない」のである。

 

妊娠での夜勤免除

 

妊娠には個人差があり、いつから夜勤免除をすればいい、といったことは言えない。ただし、労働基準法には「妊産婦が請求したら時間外労働、休日労働、または深夜労働をさせることはできない」との規定がある。

 

つまり、「妊娠何ケ月になったから夜勤免除できる」という規定はないが、「妊産婦が請求さえすれば、時間外労働、休日労働、夜勤などを免除することができる」のである。「自分の体調と相談して夜勤免除のタイミングを決めたらいい」ということである。

 

そこで問題となるのが、夜勤免除になるのは「自分で頃合いを見計らって希望をだす必要がある」ということになる。看護師の世界はもともと人手不足、ぎりぎりの人数で日々の業務を回していることが多い。そのため、「妊娠したから体調のことを考え、今後は時間外労働、休日出勤、夜勤をしません」とは言いづらいのが現状である。

 

夜勤免除を勝ち取る戦略

 

あなたは妊娠中、できるだけ自分の体を気遣いたいと思い、「夜勤免除してほしい」といったとしても、中には意地悪な先輩などから「妊娠は病気じゃない。私は出産ギリギリまで夜勤していたよ」などと言い出す輩もいる。では周囲に疎まれず、スムーズに夜勤免除を取得するにはどうしたらいいのだろうか。

 

まず、第三者である専門家の意見を前面に押し出すことで、意地悪な先輩からとやかく言われることは少なくなる。その第三者とは、「かかりつけの産婦人科医」のことである。

 

あなたの妊娠の経過や体調、仕事のハードさ、あなたの夜勤免除の希望月など全体を把握してもらい、「夜勤を免除してもらうタイミングはいつにしたらいいか」というアドバイスを貰う。そして、「夜勤免除の診断書」を記載してもらうのである。この「夜勤免除の診断書」はできるだけ早く職場に提出し、あなたが夜勤に入らないでいいシフトを組めるように、上司にも準備をしてもらうことが大切だ。そうすれば上司もある程度、気持ちに余裕ができ、夜勤のシフト調整を図ることができる。

 

医療従事者である看護師たるもの、専門医が「夜勤免除しないといけない」といっているのに、「いやいや、人手が足りていないんだから、ぎりぎりまで夜勤に入ってほしい」といったことは言えないであろう。もし、そのようなことを上司や同僚が言ってくるようであれば、それは法律違反となるのだ。

 

やはり妊娠中の夜勤は禁物

 

一方で「いま妊娠経過は順調であるから、まだまだ夜勤をしても大丈夫だろう」という人もいる。しかし、自覚症状がでないまま、妊娠高血圧症候群の予備軍になっていることもある。妊婦の体調は日々変化するのであるため、医師が「妊娠何ケ月くらいに入ったら夜勤はしないほうが良い」というのであれば、そのアドバイスを受け入れ、早めに職場に知らせることが大切である。

 

妊娠中は、悪阻(つわり)や貧血、浮腫(むくみ)、便秘など体の変化が常に付きまとっている。お腹の張りも休んでいれば治るものの、それがあまり時間を空けずに起こっているようであれば、早めにかかりつけの産婦人科医に相談したほうが良い。

 

母健連絡カードの活用

 

他にも妊娠中の看護師の強い味方として、「母性健康管理指導事項連絡カード」、通称「母健連絡カード」というものがある。このカードは、かかりつけの産婦人科へ受診したときに受けた指導内容を職場へ伝え、必要であれば措置をとってもらうためのものである。

 

このカードの入手方法は、母子手帳の裏側の最後のページについていることが多い。もし最後のページにこのカードがついていなければ、各都道府県の労働局雇用均等室で入手ができるため、問い合わせてみると良い。このカードの利用方法は次に記載する。

 

@ 妊娠中や出産後、かかりつけの産婦人科医から、通勤緩和や休憩時間の延長、夜勤免除などの措置が必要とみなされる。医師に指導内容をこのカードに記載してもらい、印鑑をもらう。

 

A 医師に記載してもらったカードを職場の上司もしくは事業主に提出し、必要な措置を確認してもらう。

 

B 職場の上司は、このカードの記載内容に則り、時差通勤や夜勤免除、休憩時間の延長などの措置をとる義務が生じる。

 

このように夜勤免除や休憩時間の延長といったことは、「自分のわがままで職場の人に迷惑がかかる」と考え、なかなか言い出しにくいのが現状である。しかし、医師からの指示として、このようなカードがあれば、職場の人たちも認めざるを得ない。

 

夜勤免除制度の整っている病院を探す

 

また、わざわざ、かかりつけの産婦人科医の意見を貰わなくても、働いている職場のほうで、妊娠時の夜勤免除の制度が整備されているところもある。これは、病院規定に記載があるので、そちらを確認してみるとよいだろう。職場の病院規定で夜勤免除の制度があれば、「いつぐらいに夜勤免除してもらおう」と考えなくても、規定の月日に従って休めばよい。

 

病院規定があっても、いままでの先輩たちが誰一人それの規定に従っていないようであれば、上記でも紹介した「夜勤免除の診断書」や「母健連絡カード」を利用して、あなたの体調に合わせて免除をしてもらうと良い。
あなたのお腹の赤ちゃんは、職場の人間は守ってくれない。お腹の赤ちゃんを守れるのは、「あなたしかいない」のである。妊娠時は、特に体調に変化が起こりやすい。

 

先輩看護師がいう「こんなお腹の張りは誰でも経験しているから大丈夫」といったアドバイスを信じてはいけない。そのときの状況も、あなたの体調も先輩看護師とは異なるからである。あなたは早め早めに行動し、無理のない妊娠生活を送ることこそが、いまお腹の中の赤ちゃんにできる最高のプレゼントなのではないだろうか。