看護師が面接で成功しやすい志望動機とは

面接で一番の重要な質問といえば、志望動機である。採用試験における志望動機はプロポーズの言葉と一緒で、「どうして私を選んだの?」という問いに対して、この人を選んだ唯一無二の、この人が納得する理由を考えなければOKをもらえないことが多い(もちろん容姿や年収などを重視する人にとってはあまり重要ではないのだが…)。

 

応募者が「なぜ、この病院を希望したのか」ということは、採用者ならだれもが知りたい内容である。この志望動機があいまいであったり、あやふやであったりすると、採用側は「この人は求人があったら応募しただけで、実のところ、うちにあまり興味が無いのかも知れない。そんな人はすぐに辞めるだろうな」と考えてしまう。

 

そこで今回は面接時に必ずといっていいほど聞かれる志望動機で採用されやすい内容について述べていく。

 

志望動機の内容

 

例えば、あなたが「求人先の仕事内容が良いな」と思って応募しようと思うとする。その場合、ただ単に、「仕事内容が自分に合い、いままでのスキルを活かすことができると思い応募しました」というだけでは、採用側にはピンとこない。数多くの応募者と比較したときに、「あの応募者は一味違っていた」と思わせるような志望動機にしなければならないのだ。

 

「どうして、この病院の仕事内容が良いと思った」のか、「ほかの病院にも、このような仕事内容のところはあるのに、どうしてこの病院は優れていると思った」のかなど、より具体的に自分が魅力的に思った部分まで落とし込んで、回答することが大切なのである。

 

自分自身に具体的な回答が出てくるまで質問を続けるのである。

 

「どうして、この病院に応募したいと思ったのか」という質問には、「家から近い、評判がいい、看護師がイキイキと働いていた、地域医療に根差している」が浮かんだとする。

 

ではこの答えの中から、「評判がいいと思ったのは、なぜなのか」という問いを自分にし、さらに答えを自分の中から導き出していく。

 

「評判がいいと思ったのは、近所のAさんがあの訪問ステーションを利用していて、そこで訪問看護師の話を聞いたからだ。時間ギリギリまで看護を熱心に行っているから嬉しいといっていた。それに加えて、Aさんに対して看護師が納得できる受け答えをしてくれるから、Aさんは高齢にもかかわらず生活上で注意しなければならない点をしっかり把握できていると感じた」

 

「そういえば、以前雑誌にこの訪問看護ステーションのことが掲載されていたな。ちょっと調べてみよう」「訪問看護ステーションの口コミでも、いつも高評価を得ているな。こういったところに、この訪問看護ステーションの看護の質の高さが表れているのではないかと感じるな」

 

といった内容である。

 

具体的に考えて落とし込んだ内容を、志望動機に表すとよいのだ。そこで回答モデルについて挙げてみたい。

 

訪問看護師の求人に応募するときの回答モデル:

 

私がこちらの訪問看護ステーションに応募しようと思ったきっかけは、「看護キャリアアップGO」という雑誌に掲載されていた、こちらのステーションの看護師の活動内容を読んだからです。

 

水分が足りずに脱水症状になりそうな利用者様に、ただ単に「水分をこまめに取ってくださいね」というのではなく、「便秘をしていないか、倦怠感を感じていないか」という内容を質問し、具体的に「利尿作用のあるアルコールやコーヒーではなく、水やお茶が水分補給には適しています」と伝えるなど、利用者様の立場になってアドバイスをしていることに感銘を受けました。

 

どうしても次の看護業務が押していれば、いま直面している仕事に対してややおざなりになってしまうことが多くなってしまいます。しかし、水分補給ひとつをとっても、利用者様のことを考え、配慮されている看護をみて、利用者様一人ひとりと向き合ったこのような看護を行ってみたいと強く思うようになりました。

 

いままで病棟で培った経験やスキルを利用し、在宅で利用者様に安心して生活していただけるような看護を行っていきたいと考えています。

 

意見をまとめる

 

いかがだろうか。採用側が「うん、うん、そうなんだよ。うちがここに力入れているって、よく分かっているね」などと思わせれば、印象に残りやすく、採用はぐっと近づく。誰でも頑張っている点や他と違った長所を見つけられ、褒められれば、かなりの好印象を抱くのである。志望動機を考える際は、あくまでも自分の言葉で、「自分がどうしてこの病院を選んだのか」という熱意を伝えなくてはならない。

 

反対に、さまざまなサイトに載っている志望動機集などは、決してまねてはならない。それは、万人受けするように作られた志望動機であり、どこの病院の採用面接でも通用するものであるからだ。例えば「以前から興味があった」「御院でさまざまなことを学びたい」「この仕事にやりがいを感じた」といった言葉は志望動機では決して答えてはならないNGワードである。

 

「以前から興味があった」というだけでは、足りない。なぜ興味を持つようになったのか、そのためにはどのような努力を行ってきたのか、まで具体的に落とし込むと良いだろう。

 

「御院でさまざまなことを学びたい」は、働く意欲をアピールしていると思う人もいるが、そうではない。応募先の病院は学校ではない。社会人として、自分なりにどういったことが貢献できるかを先に伝える必要がある。そしてどうして、この病院でこのことを学びたいと思ったのか、自分ではどのようにそのことについて限界を感じたのかを詳しく述べていくと良い。

 

「この仕事にやりがいを感じた」は、採用側からすれば「じゃあ、なんで前の仕事にやりがいを感じていなかったのか」ということになる。「やりがい=仕事に対する情熱」ともいえる。「前の仕事に対して、情熱をもってやっていないため、次の仕事でやりがいを求めることはできない」と採用側は考えてしまうので、この言葉は注意が必要である。

 

このように、志望動機は具体的に落とし込むことで、自分らしさが表れやすくなる。決してありきたりな返答をせず、「あなただから採用したい」と思わせる志望動機を考えることが大切である。